ホーム > グローバルハウスとキャンパスライフ > NEWS > TUTグローバルハウスが新入生歓迎会を開催:新たなシェアハウス生活がスタートしました!

TUTグローバルハウスが新入生歓迎会を開催:新たなシェアハウス生活がスタートしました!

掲載日:2019年04月24日

外国人留学生と日本人学生がともに暮らすユニークなシェアハウス型宿舎「TUTグローバルハウス」が新入生を迎え、在校生が主催する歓迎会を4月6日(土)に開催しました。

歓迎会では、入居者同士の歓談や、ゲーム、活動の紹介などを行いました。
最も盛り上がったのが、パスタを使って塔を建て、その高さを競うゲーム「マシュマロチャレンジ」です。チームに分けられた学年や国籍が異なる学生が協力しあい、試行錯誤しながら塔を作りあげました。完成した塔は、微妙なバランスを保つ高い塔や芸術的な形状の塔など、普段培った工学の知識やスキルを生かした個性的なものが並びました。接戦の末優勝したチームは、うまく塔のバランスをとったり、細かい工夫したり、とメンバーで助け合って完成させました。
TUTグローバルハウスに住む先輩と後輩、日本人学生と留学生が混ざり合い、お互いを知り合い、新たな1年に向けてのスタートする素晴らしい機会になりました。

■ TUTグローバルハウスとGAC(グローバル技術科学アーキテクトコース)について
TUTグローバルハウスは、グローバル社会で活躍する意欲を持つ日本人学生と外国人留学生のためのコース「グローバル技術科学アーキテクト養成コース(Global Technology Architects Course: GAC)」の日本人学生と外国人留学生が共同生活を送るユニークはシェアハウス型の学生宿舎です。GACの学生は、学部在籍中はTUTグローバルハウスに居住し、グローバル社会を疑似体験することで、コミュニケーション能力や人間力を獲得します。開設3年目の今年度は、GAC生とともにグローバルマインドを持った一般コース生も暮らし、活動します。

1904GHwelcome1.JPG

1904GHwelcome2.JPG

1904GHwelcome3.JPG

1904GHwelcome4.JPG

1904GHwelcome5.JPG

1904GHwelcome6 (1).jpg


ページトップへ

動画一覧